ハッピーセンターとは何ですか?


ハッピーセンターとは「幸せになる場所」のこと。

そこに行くと、癒されたり、悩みが解決したり、
安心して本音で話せる人たちがいたり、
美味しい食事を一緒にとったり、興味があることが学べたり、
応援し合ったり、助け合えたり、

一緒にいて心地よい人たちが集まって
自然につながりが深まっていく場所。

そんな、集う人たちみんなが「幸せになる場所」のことを

「地域のハッピーセンター」と呼んでいます。

家族の人数が少なくなっていく
これからの少子高齢化社会に向けて


血のつながりを超えた
家族のようなコミュニティ

が近くにあったら、何かあったときに安心だと思うのです。

自分の住んでいる地域にも
家族が住んでいる地域にも
つながりがある人が住んでいる地域にも
ハッピーセンターが広がっていけば、

子育ても、介護も、離れて暮らす家族のお世話も、
もう1人でがんばらなくていい。

全国どこへいっても「地域のハッピーセンター」があるところに
家族のようなコミュニティがある。

自分と同じように、自分も、家族も大切に想ってくれる
コミュニティのメンバーがそこにいる。仲間がいる。

自分にとって幸せだと感じられる場所が近くにあること。

自分にとって幸せだと感じられる人が近くにいること。

そんな安心・安全な「地域のハッピーセンター」をつくっています。

将来は「子ども100番」のように「ハッピーセンター」の看板が
全国に広がっていったらいいな。

きっと同じような想いで活動している人たちが全国にいるはず、、、

家族のようなつながりが広がったらいいな~

そんなビジョンを思い描きながら、、、

多世代の人が集い、1人ひとりの個性や命が輝く場、、、

みんなが幸せになる場をつくっています。